本文へスキップ

沖縄 うるま市で腰痛・肩こり解消で評判の整体院! 不思議整体うるまカイロプラクティック。

完全予約制 (当日予約も歓迎!)
電話でのご予約・お問い合わせは
TEL.080-1545-5637
営業時間:午前10:00〜14:00 午後15:30〜19:30
定休日:水曜日 土曜午後の部

〒904-2304 沖縄県うるま市与那城屋慶名1223-54

マッサージONLYの整体とは違う!気持ちで終わらない!効果がわかる整体院!

スタッフ紹介

院長ごあいさつ

院長写真

はじめまして
不思議整体うるまカイロの院長、松野耕平です。
120歳までハピワク健康長寿を目標に研鑽しております。また、来院されたお客さまが健康長寿で過ごせるのはうれしいかぎりです。




「経歴」
2008年浦添カイロ学院卒
2010,11年度(OCA)沖縄カイロプラクターズ協会会長
2013年〜 (OCA)沖縄カイロプラクターズ協会員。
2014年12月 うるま市警察署 感謝状授与
きじピーときじモン
「感謝状」うるま警察署

2015年2月 講演会講師 与勝高校卒業生(150名)
与勝高校講演会
「講演会」与勝高校にて

キックボクシングやフルマラソンに挑戦中!
TENKAICHI 2016 判定勝ち


沖縄マラソン ぎりぎりサブ4 3時間58分


[生年月日]
  1975年 沖縄県うるま市勝連平安名生まれ。
[出身高校]
  地元の勝連小、与勝中、与勝高校を出て九州共立大学を卒業。
  浦添カイロプラクティック学院卒
[職暦]
  大学を卒業後は沖縄で電気施工管理の仕事に就職し退職。
  その後、浦添にあるカイロプラクティックの学校を卒業し、
  針灸接骨院に2年程勤めた後にうるまカイロを開業。



整体の道へ

この整体の仕事をする前は電気の施工管理(施工図面を書いたり、現場で指示する仕事)をしていました。
その時は残業が多く(奉仕。。)休日出勤も多い状態です。

その状態が続くと、2ケ月間38度の熱が下がらなくなたので、病院に行きました。
この時は「風邪ですね」と医師から言われました。

風邪で2ケ月も熱が続くなんて??
素人ながらに思いながら熱は下がらずじまい。

2ケ月間、ずっと風邪薬を飲んで体をだましつつ仕事を続けていました。

その時に肩こりを感じ、カイロプラクティックの治療をたまたま受けたら徐々に熱が下がっていきました。

このような経験から施工管理の仕事を後30年も続けるのはキツイな!と思うようになり、それから数年後「人に喜んでもらえる仕事っていいだろうな〜」と思い、おもいきって電気の仕事を退職し、健康関連の仕事を探そうと思いました。

仕事選びは、はじめは介護の仕事がいいかな〜?と思って、職業を紹介する雑誌を読んでいたところ、以前受けたカイロプラクティックの仕事が目に入り、この仕事ってやりがいありそうと感じ、それからカイロプラクティックの専門学校へ入学して卒業し、今に至っています。

今になって調子が悪い頃を思うと、これまでの多くのお客様の健康をたずさわってきて、熱が2ケ月間さがらない時のことを思うと、自分ではストレスを抱え込んでいるとは思わなくても脳はストレスでオーバーヒートするもんなんだと思うようになりました。。

ストレスが溜まると色々と体にでてきます。


「ストレスが貯まってくると」
この写真は前職時の写真です。
松野耕平の電気工事時代
疲れきっているのであまりお見せしたくない写真ですが・・・

この頃は残業が多くて、休みがとれないことがしばしば・・・
ひどい時には、朝8時出勤で帰宅が夜11時という事が2ケ月間続きました。
その時は、もちろん休日はありません。

残業代が増えるから良いのでは?
と思われるかもしれませんが、会社は残業代を払う代わりに「残業した分は休日を代わりにとって下さい」と言われます。

ですが、私以外の社員のみなさん休日返上で一生懸命働いています。
私だけ休むわけにはいきませんし、代休を使うほど仕事に余裕はありません。
年休はありますがあってないようなもの。
残業はほとんどサービスです。

その代休と年休は有効期限があり、そのうち消えてなくなります。。。

まあ、この建築業界はどこの会社もキビシイと思いますので、みんなで会社を支えていかないと大変です。会社がつぶれてしまうと、仕事はなくなります。

このような休めない状態が続くとやっぱり何か体に出てくるんでしょう。
私は先に書いたように熱が下がらない。また、腸炎を経験しました。

私と同じように同僚の社員も腸炎になったり、体調不良になったりするのを目にしました。

何かの本に書いてあったのですが、人が体調を崩すのは、これ以上に体に負担がかかり続けるとひどい病気になるので、体がわざとウイルス(風邪など)に感染させて体を休ませる。という記事を読んだ事があります。

実際に、これは体の負担(ストレス)が大きくなると免疫力が下がるので病気にかかりやすくなるという事と似ています。

これは、風邪などの1週間くらいで治る小さい病気にわざとかからせるというのが面白いところだと思います。

ですが、もし気を張りすぎていて少しのストレスも解消できずに、少しづつストレスが大きくなったら治りにくい病気(ガンなど)に発展するかもしれません。
その時には免疫力が落ちているので余計に治りにくい状態だと思います。

忙しい時期って誰もが経験する事だと思いますが、その時期がおさまって、張りつめていた気が抜けたら風邪を引いてしまうって事あると思います。

ですが、張りつめた状態が何ケ月も何年も抜けないでいる。そうなると悪い人では過労死が待ち受けています。

実際に私は、体調不良を起こした為にカイロプラクティック(整体)を受け健康を取り戻し、このような大事にはいたらなかったので、不幸中の幸いだったと思っています。

「病気にならないために必要なこと」
ちょっと話しは変わりますが、今人がガンにかかる確率は2人に1人だそうです。

つまり、夫婦だとどちらかはガンにかかるわけです。
かなり、怖い話しです。
うちの祖父は胃ガンで亡くなったので人ごとではありません。

ガンを予防するには、日頃から免疫をあげておく必要があります。 
免疫を下げる原因は大きくまとめるとストレスです。

ストレスとは、精神的な事はもちろんのこと、体に入ってくる病原菌、肉体疲労、肩こりや腰痛などの痛みなど、脳に余計に負担がかかるものです。
これたが積もり積もってストレスは大きくなります。

免疫力を上げるにはストレスを出来るだけ少なくする。
そのためには、楽しい事をしたり、考えたりする事が一番!ではないかと思います。

ですが、楽しい事をするには体が資本です。
私は日頃から習慣づけてジョギングをして筋肉増やすことや気を意識する生活をしています。
体調がきつくなりそうなら整体を受けにいったり、岩盤浴にいったりもします。

「施術結果を最大限にする」
健康を意識する生活をして思うのは、日頃から自分のストレス、痛み、体調がどれくらい良いのか?悪いのか?に目を向ける習慣が大事と感じています。

これまで、カイロプラクティックの学校を卒業して開業し多くのお客様のお体が回復するのを見てきましたが、手技の調整だけで効果がすぐにでる人とそうででない人がいます。

この差はお客様の体質(筋肉量、考え方)によっても変わりますが、多くのお客様の骨格を矯正してわかってきたのが、私がいくら良くしたいと思っても、コミュニケーションがうまくとれないと矯正効果は低くなる傾向にあります。

また、私が健康についてうまく説明できなくて、話を聞いて頂けない。理解させきれなかったら、その方は不健康の悪循環から抜け出せない事になります。

コミュニケーションがうまくとれないとよくない例として、そこが初めて入る食堂や喫茶店だったとします。
そこの店員さんの接し方が悪いと食事までまずく感じる、おいしくなくなる、早く店から出たい。そんな経験ないでしょうか?

このようにコミニュケーションが下手だと、心理的な事に影響を与え、治療効果が下がるんだとうと思います。

できるだけ施術効果を上げるためには、手技にこだわらず治療効果が上がるのであればと思い、過去に心理カウンセラーの資格を取得しました。

私としてはもっと!もっと!治療効果を上げたい!今でも色んな事にチャレンジしています。

「その他の取得した資格」
・カラーセラピー(JADP)
  五感の視覚を利用して治療する技術

・アロマセラピスト1級(AEAJ)
 アロマセラピーアドバイザー(AEAJ)
 アロマトリートメントアドバイザー(JADP)
  五感の嗅覚を利用して治療する技術

その他に
自然を感じる楽しさを教える資格
・ネイチャーゲームリーダー
・プロジェクト WET エデゥケーター

・ほめ達検定 2級
  ほめて伸ばす技術

最近は東洋整体の「気」というエネルギーを意識できるように、講習会に参加したり、本を読んだりして勉強しています。

気功と聞くと疑わしく思うかたがいるかもしれません。
ですが「気」を学んでわかったことは、未知のエネルギーって普通にあるもんなんだなと気付けました。
これは誰にでも感じれるもので、ちょっと感じ方を練習すればだれでも体感でき普通のことです。
やった事がないからその世界がわからないだけなのです。

整体の定期的な講習会ももちろん参加しています。
この整体という仕事は、理論的な解剖学、生理学の知識は当たり前に必要ですが、それに加えてお客様の気持ちや体から発するエネルギー的なものを察する感性も大事だと思っています。

その為に気功や自然の気を感じたりとか、ちょっと不思議系なものも勉強しています。

具体的には、他の健康関連の講習会、マジック、写真撮影、遊書(筆文字)などまた、キジもんを作ってるのも感性を高める為です。
楽しみながら感性を高め、免疫力があがり、病気の予防にもつながります。

「開業当初」
開業した当初は、出張整体でがんばろうと思い、折込チラシやポスティングをしたのですが、いや〜!ビックリ!
半年で、お呼びが掛かったのはたった人数は2、3人だけでした。
まったく、声がかからなかった。

この時は、整骨院で週に2日は働いていたので、収入がゼロではなかったのですが、ここまで悪いとは想像していませんでした。

このままではいけないと思い、どこか場所を借りてないとやっぱり駄目なのかなと思っていたところ、うちの母が生け花教室をしていた場所を母が使わない時間を使って営業をするようになってから、少しずつお客様に来て頂けて、今ではたくさんの方にお越し頂くようになっています。

本当に、母には感謝してます。

「前職での経験」
この整体の仕事につく前は、10年ほど施工管理の仕事で電気工事士2種、電気施工管理1級はいい社会勉強でした。
7割は事務的な仕事で3割は現場での仕事なので、事務や現場で働いている人の苦労はわかり、今の仕事に繋がっていると思います。

「幼少期の疑問」
私は小さい頃からよく考える疑問がありました。
ちょっと重そうな問いで申し訳ないですが、なんで生きてるのかな?
という疑問です。

誰でもだいたい1度は考える疑問らしいです。
その疑問の答えは、今の仕事をするようになってたくさんの方と会ったり、色んな講習会やセミナーを受けているうちに気付けました。

ありきたりの答えですが、それは
「楽しむために生きる!」
という答えです。普通すぎますね。

過去にどこかでこの答えを聞いているはずですが、当たり前すぎて耳に入っても素通りしていたんだと思います。

過去、生きているのが嫌!だったという訳ではなく、普通の生活でしたよ。
笑ったり、楽しい事もありますし、嫌な事もある普通の生活です。

今、楽しむために生きる!とはっきり言えるのは、自分の人生、生き方、感情、なんでも欲しいと思ったものは、だいたい全部手に入れることができると気付けたからです。

つまり、楽しい事だけを選ぶ人生も作れるって事です。
ほんとう?と思う方もいると思いますが、これは簡単です。
努力と行動をすればいいだけです。

たったそれだけなので簡単そうですが、難しいものです。
でも、やれば叶う!それだけのことと思っています。

楽しいことだけの生活を実践しようと普通に生活をしていれば、嫌な事も起こります。

そんな時には!
これは、心理カウンセラーを勉強中に本に書いてあった話です。

「嫌なことをいい事に変える方法!」
嫌なことがあっても、考え方次第で楽しくできる考え方です。

例えば、前職の経験で2ケ月間も熱が下がらないという話しをしましたが、そんな生活を続けていたからか、今は38度くらいの熱があってもわからない体質になっています。

今日はちょっと体調がおかしい?って思って熱をはかると39度手前とか。。。
そんな感じです。

このことに対して、こんな体になってしまった!と嘆くのか、熱があっても♪ スゴイ! 動ける! と喜ぶのかは、私の受けとり方次第です。

私はやりたい事がいっぱいあるので、こんな体質でもいいかな?と楽観的に思っています。

また、別の話があります。
結婚して奥さんがいるサン テグジュペリという方が戦場に向かわなければならなくなった時に、「置いていかなければならない宝物を持っていることを天に感謝したいくらいだ」といった言葉があります。

普通なら、今から戦場に向かうという事が決まれば、いつ死ぬかもしれない状況です。

もう妻とは2度と会えないかもしれないと嘆くと思います。
ですが、そんな悲しい状況を嘆くのではなく、妻と出会えたことに感謝したい。と思いを変えて言った言葉です。

実際には、本当にこれが最後の別れになったようです。
サン テグジュペリさんは死ぬかもしれないという最悪の状況でさえも、そこに幸福を探しました。

このように、心理学の用語では「リフレーム」といいますが、普通では嫌なことも、楽しいことに考え方次第で状況を変えれます。

なぜ松野は生まれてきたのか?
限られた時間で、楽しいことを探してやる。
これからの生活にワクワクします。

「松野が好きな言葉」
今、私は
 「120歳までワクワク健康長寿!」
を目標にしています。

それを可能にしていくために
 @楽しい事をする。
 A楽しい事を考える。
 B楽しい事に変える。
 C善は急げ。
 Dまくとぅそーけーなんくるないさ。
 をできるだけ意識するようにしています。

まず、最初の120歳まで生きたいという話しを誰かにすると、たいていは「動けなくなって迷惑かけるよ!」って言われます。

一般的にはそうかもしれませんが、今から準備をすればそうならないと思っています。

また、いくつで死のうが最後は誰かに迷惑をかけるものです。
迷惑をかける、かけないの話であれば、調子が悪くなってからどれだけ早くボックリなれるかが肝心だと思います。

元気で長生きしている方の話を聞くと、自発的に楽しんで行動している方が健康で長生きしていると思います。

その為には高齢になっても丈夫な体が必要です。

筋力を落とさない運動習慣と、クヨクヨしない生活、エンジョイする!
そんな努力が必要と思います。

「どうして120歳か?」
私の人生は、今から死ぬまで、時が進めば進むほどより楽しさが増していくものだと信じています。

なぜ?
日頃からどうすれば楽しいかに意識を向けているので、これを繰り返せば楽しさが増すこと間違いなし!
という事は、生きている期間が長ければ長いほど楽しさが増しますよね!

それと、人の細胞は120歳までが限界らしいです。
今、世界際高齢の記録は、フランスのジャンヌカルマンさん、122歳です。
この方は、亡くなるまで元気だったとの事です。
ちゃんと前例があります。

また、この仕事は健康を考えるので、それを追及する上でいいよかったと思っています。

「松野が意識していること(続き)」
 @楽しい事をする。
 A楽しい事を考える。
 B楽しい事に変える。

元気で健康かつ楽しく長生きするには、体力意外にこの3つの思考が大事だと思います。

それは、「リフレーム」という考え方の変換もそうですが、言葉の使いかたも大事だと思います。

言葉の使い方が悪いと悪いことを引き寄せる。

人は単語に意識が向くという特性があります。
どういう事かというと

言葉を変えて
@’嫌なことをしない
A’嫌なことを考えない
と意識した場合、どうしても嫌な事が意識の中に出来てしまいます。

楽しいことがしたく、嫌なことは考えたくないのに、これだと嫌なことを意識してしまうはめになります。

例えば、松野が嫌なこと
ボケーっとした生活。

ボケーっとした生活をしない為には?という考え方をすると松野が嫌なことであるボケーとした生活が頭の中をよぎります。
それよりかは、楽しいことをすると考えれば、ボケーとした生活は頭の中をよぎりません。

C善は急げ
過去、「急がばまわれ」という言葉が好きでした。
とりあえず遠回りした方が結果はいいことがある。
そう信じていました。

そ〜んな訳はない!
急いでるのに遠回りしてどうするの?
って今は思います。

「急がばまわれ」そんなことわざがあります。
ですが、このことわざはこれだけじゃないって知ってました?

正式には
「もののふの矢橋の船は速けれど急がば回れ瀬田の長橋」
という詩から引用されたのが「急がばまわれ」ということわざです。

この詩がつくられた当時は、瀬田の長橋を歩いてわたるよりは船を使った方が早かったらしいのですが、舟を使った場合には、風が強く転覆の恐れもあるために時間はかかっても歩いたほうがいいという話です。

これを読めばそりゃそうだと思います。
私は「急がばまわれ」という言葉だけを信じて、なんでもかんでも遠回りをすれば色々勉強できるからいいに違いないと思っていました。
そんなことをしていたら時間は限られているのでやりたいこともできなくなってしまいます。

私だけかな。。。なんでも遠回りがいいって考え方していたの。。。

つまり、「善は急げ」が好きなことわざです。

Dまくとぅそーけーなんくるないさ
「なんくるないさ」という言葉だけが一般的だと思いますが、それだけではなんくるなりません。
真心をもって出来ることをやっていればどうにかなる。

Eおまけ
できればやりたくないことだけど、やったほうがいいと思うことをやろうとすると、やりたくないだけに、やらない理由を自分で探してしまいます。
そして、結局やらないで終わってしまいます。

やりたくない理由は、それが楽しくないから、ワクワクしていないからだと思います。

そのやる事が、自然とワクワクするような、何かワクワクをする事を探せば、自然とやりたい事ができると思っています。

「ワクワクで枠をブチ破る!」
枠:自分で作っている固定概念。

「最後に」
整体の仕事は楽しいです!
整体を勉強し始めの頃は、お客様をマッサージして喜んで頂く仕事でいいと思っていたのですが、色々と勉強するにつれて、やるからには治せる技術を身に付けたいと思うようになりました。

そういう思いが強くなると、いくら学んでも足りない事だらけで、今では勉強の毎日です。
今は、最初のイメージとはまったく違うものとなっていますが、学んだ分だけお客さまに喜んで頂けて、本当にやりがいのある楽しい仕事です。

まだ、理想とする1タッチで良くなる神業的な技術におよびませんが、そうなるように勉強し、お客さまの満足に応えていきたいと思っています。
 
長文、お読み下さいありがとうございました。
不思議整体うるまカイロ 松野耕平


不思議整体うるまカイロ 予約・問い合わせ 電話:080−1545−5637

不質整体は、ツライ症状の肩こり・腰痛を専門にしている整体院です。 骨格矯正のエキスパートがあなたの歪みを整えて楽な生活へ変えて生きます。 

お客様の声 姿勢写真Before&After

人気コースランキング メニュー
不思議整体うるまカイロ 沖縄県うるま市与那城屋慶名1223-54 電話:080-1545-5637 メール:matsukou@urumachiro.com ブログ:hushigiseitai.ti-da.net/

会社名:不思議整体うるまカイロ
住所:沖縄県うるま市与那城屋慶名1223−54
電話:080−1545−5637(代表) 
FAX:098−978−7036
ホームページ:http://www.hushigiseitai.com
メール:matsukou@urumachiro.com
facebook:https://www.facebook.com/makkou
ブログ:http://hushigiseitai.ti-da.net/