本文へスキップ

沖縄 うるま市で腰痛・肩こり解消で評判の整体院! 不思議整体うるまカイロプラクティック。

完全予約制 (当日予約も歓迎!)
電話でのご予約・お問い合わせは
TEL.080-1545-5637
営業時間:午前10:00〜14:00 午後15:30〜19:30
定休日:水曜日 土曜午後の部

〒904-2304 沖縄県うるま市与那城屋慶名1223-54

マッサージONLYの整体とは違う!気持ちで終わらない!効果がわかる整体院!



レントゲンでわかる歪みの原因

レントゲン写るのは骨の形です。

筋肉や靭帯、軟骨や椎間板はレントゲンで見ることができません。

ですが、椎間板や軟骨は骨と骨の間にあるので、骨の形を読み取ることで椎間板のその厚さや形を推測する事ができます。

背骨は歪みがひどくなるにつれて椎間板変形したり、潰れていきます。

ひどい場合には骨自体が変形することもあります。



一般的に背骨が歪んでいると言われると、背骨すべてが悪いと考えてしまいがちだと思います。

ですが、そうではなく

歪みのある背骨は、背骨全体が悪いのではなく原因となっている背骨とその歪みを補っている背骨に分かれます。

具体的にいうと、実際に背骨の数は頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個、合計24個ありますが、この24個すべてが悪いのではなく、その中に歪みの原因となっている背骨が数個あるだけで他の骨はそれを補うために歪んでいます。

下のレントゲンは腰の骨格です。それを用いて説明します。

腰部レントゲン 骨格の歪み

図1と図2は同じレントゲンです。

図2は骨の形がわかりやすいよう図形化してあります。

このレントゲンでは、全体的に骨格が右に側湾しています。

そして、よく見てほしいのですがL3とL4の下の椎間板以外のT12、L1、L2は平行な形をしていて、歪みのない正常な骨格です。

そして、L4の下の椎間板は左に開いていて、L3の下の椎間板は右に開いています。

このレントゲンをみると骨格が右に大きく側湾しているので、この歪みの原因となっている骨はL3の骨かL4の骨かと予想できます。

どちらかが補っている歪みかもしれないのですが、これはレントゲンではわかりません。

それを調べるためにカイロプラクティックの徒手検査を行います。

また、このように大きく歪んでいる背骨にも正常な背骨(T12、L1、L2)も含まれています。

ちょっと話がずれますが、一般的な整体の矯正のイメージとして、右を矯正したら左も同じように矯正されると思われている方が多く感じます。

実際のカイロプラクティックの矯正では左右同じことをすることはありません。

例えば、骨盤の右側のみ矯正が必要なお客様へ矯正が終わったら、「お客様から左は矯正しないんですか?」と聞かれることがあります。

私は先ほど説明したことを説明しながら「右側の歪みが原因なので、左側はしないんですよ」と答えます。

このレントゲンの場合だと、カイロプラクティックの徒手検査でL3下の椎間板が原因で歪んでいるとわかったらL3だけ矯正します。

L4の歪みは後日L3の歪みが安定した後にまだ残っていれば矯正します。


話を戻し、さきほど歪みがひどくなると椎間板はつぶれると話しましたが、下の図がそれにあたります。

図3(左側)は正常な背骨の椎間板。 

図4(右側)はツブレタ椎間板になります。

潰れた椎間板

骨格矯正は椎間板を正常にして骨格を正しい形にするのが目的です。

慢性的な背骨の歪みは筋肉の凝りもありますが、いっこうによくならない原因は椎間板の変形や靭帯の固定化でおこっています。

図4のように椎間板がツブレテ薄くなってしまうと骨格矯正をしても、これを元の厚さに戻すことはできません。

そうなる前に、日頃から生活習慣を正しくし骨格のメンテナンスをすることが大事です。

利き腕や利き足と関係なくなぜ? しびれや痛みの場所は変わるのか?

どの背骨が歪むかで痛む場所が変わります。

背骨の椎間孔からでた神経は、筋肉、皮膚、内臓に向かっていきます。


@筋肉に向かう神経が圧迫されたら

例えば、筋肉に向かう頸椎上部C1~C3の神経が歪みで圧迫されたとします。

※椎間孔やC1~C3の説明はコチラ

C1からC3の神経は口を開けたり、頭を動かすのに使われる筋肉などの神経です。

この神経に圧迫が加われば、これらの筋肉に痛みがでたり、筋力が弱くなったり、頭を左右に回したり前後に動かすと痛みがでたりします。

また、それより下の神経C3からC8の神経が圧迫された場合には、肩甲骨、腕、手を動かすのに使われる筋肉の神経ですので、この神経に圧迫が加われば先ほどと同じように痛みや筋力低下がでたり、腕を上げる時の痛み(四十肩・五十肩の原因のひとつ)になります。

歪んだ骨格を矯正することはこれらの筋力低下や動かした際の痛みを改善できます。


A皮膚に向かう神経が圧迫されたら

下の図は皮膚の神経分布図です。

首の骨格から出る神経:C1〜C8  胸の骨格からでる神経:T1〜T12
腰の骨格から出る神経:L1〜L5    骨盤からでる神経:S1、S2

となっています。

例えば、C6の神経が歪みで圧迫されると肩から親指あたりシビレがでます。

C7なら肘から中指あたりで、C8なら肘から薬指や指先にかけてシビレがでます。

私の臨床経験では、痛みに加えシビレがあるお客様の場合だと痛みがとれるのは早い(週に1~2回の来院で1ケ月ほど)ですが、痛みと比べてシビレは3~5倍ほど時間がかかります。

痛みを我慢しているとシビレも併発する場合があり、そうなると時間がかかるのでその前に来院いただくことを薦めます。

※痛みのとれかたは、人によってさまざまです。運動不足気味の方や筋肉量が少ないかた人ほど時間がかかります。また、生活習慣の改善も必要です。

皮膚神経分布図

また、シビレは神経の圧迫だけではなく、血流の悪さでも起こります。

よく聞く例として手根幹症候群があります。

手を使いすぎて腕の筋肉が疲労してパンパンに張ってしまったり、手首の歪みで血管が圧迫されると手に血液が不足してシビレがでます。


これら以外にも加齢による心拍力の低下もあります。

この場合には特に寝起きでシビレがでやすくなります。

それは寝ている間は心臓の動きは弱まるからで、余計に血流は弱いのでシビレがでやすくなります。

これを改善するには、適度な運動ををして血管を柔らかくし、心臓を強化できます。

骨格や骨盤が歪むと色んな症状がでてくる。

整体院の前にいくと扱える症状ということで
「腰痛」、「肩こり」、「五十肩」、「膝痛」、「O脚」、「手足の痛み」と
看板に書かれていますが、場所によっては

胃潰瘍・十二指腸潰瘍 、胃痛、気管支ぜんそく、高血圧症、
前立腺肥大、糖尿病、便秘 、月経不順 などの婦人病

と書かれているものを見たことありませんか?

また、体の痛みだけではなく、どうして内臓まで良くなるんだろう?と考えたことがあるのではないでしょうか?

これは歪みと下図の自律神経が影響しているため、間接的にこういう症状にも効果がありますよというものです。

自律神経とは交感神経・副交感神経を一つにまとめた名称です。

自律神経はすべての内臓や血管、汗の調整、おしっこなど生命維持に係わっていて自分の意思でコントロールする事ができないものです。


例えば、運動をすると交感神経が活発になり、心臓の動きが早くなります。

そして、運動を止めると副交感神経が働いて心臓は元の動きに戻っていきます。


また、食事をした際の消化を例にすると

食事をしたら、副交感神経が活発になるので、胃や腸の消化作用が働き始めます。
 
食事の分解が終わると交感神経が働いて消化作用がおさまります。

食事をした直後は、運動をひかえたほうが良いのはこの為で体に必要な栄養をするために交感神経が働いているのに、運動をして交感神経をあげてしまっては消化にエネルギーをかけれなくなるためです。

このように交感神経、副交換神経はそれぞれお互いに調整しあいバランスを保っています。

左下の図は自律神経の交感神経と副交換神経の働きをわかりやすく視覚化したもので、右下の表は背骨を通る神経と係わりのある内臓器官になります。


自律神経 交感神経・副交感神経関連図

右側の表には真ん中に内臓器官の名前、目、肺、心臓、肝臓、胃、腸、膀胱が書かれ、左右には神経の名称が書かれています。

内臓を働かすために脳からの命令が信号として、これらの神経を通って内臓に伝わります。

背骨が歪むという事はこれらの神経にストレスが加わるという事です。

神経は椎間板の後ろの穴(椎間孔)より出ています。

歪みで小さくなる椎間孔←クリック(参照)


わかりやすい例として椎間板ヘルニアがあります。

腰部の椎間板ヘルニアが重度になると排尿障害が出る事が知られています。

なぜそうなるのか?

上の図や右表の一番下を見て頂くと、膀胱を調整している神経は主に腰と骨盤からでる神経で
交感神経と副交感神経が作用しあい排尿を調節しています。

ヘルニアで神経に圧迫があると交感神経と副交感神経の調整がうまくいかずに排尿障害がでるのだと思われます。

自律神経は、このように直腸や膀胱だけではなく

すべての内臓器官の機能を正常に働かせる為に機能しています。

体の歪みで神経にストレスがもしあるとしたら、体への影響が心配です。


補足ですが、内臓の調整は背骨からでる神経以外にも血液の流れを利用して行われているホルモンの作用もありますので、神経が少し圧迫されたからといって内臓の機能へすぐに影響がでるものではありませんが長期的に圧迫が加わるとヘルニアのようになる恐れがあります。

気持ちいいマッサージでは終わらない不思議整体うるまカイロ 予約・問い合わせ 電話:080−1545−5637

不質整体は、ツライ症状の肩こり・腰痛を専門にしている整体院です。 骨格矯正のエキスパートがあなたの歪みを整えて楽な生活へ変えて生きます。 

お客様の声 姿勢写真Before&After

人気コースランキング メニュー
不思議整体うるまカイロ 沖縄県うるま市与那城屋慶名1223-54 電話:080-1545-5637 メール:matsukou@urumachiro.com ブログ:hushigiseitai.ti-da.net/


会社名:不思議整体うるまカイロ
住所:沖縄県うるま市与那城屋慶名1223−54
電話:080−1545−5637(代表) 
FAX:098−978−7036
ホームページ:http://www.hushigiseitai.com
メール:matsukou@urumachiro.com
facebook:https://www.facebook.com/makkou
ブログ:http://hushigiseitai.ti-da.net/